「個別会計」の設定方法・操作方法を教えてください。

Q.一つの伝票でとった注文を、分けて会計する「個別会計」の使い方を教えてください。


A.メンテナンス画面で「個別会計機能を使う」にチェックすれば、すぐにご利用可能です。

ランチ時などに多い個別会計(お客様ご自身が召し上がられたメニューを、それぞれのお客様が個別に支払うこと)の設定方法と操作方法についてご案内します。

◎設定方法
メンテナンス画面で、「個別会計機能を使う」にチェックし【保存】すれば、すぐにご利用開始可能です。使わない場合は、チェックを外して保存してください。


 

◎操作方法
[1]1つの伝票を分割することで、個別会計を実施します。会計画面に表示された「個別会計」タブをタップ(クリック)してください。


[2]支払うメニューをチェックして、画面下部の「個別会計(別伝票を起票)」ボタンをタップします。


[3]支払い方法「現金」や「カード」を選び、会計を実行します。(※通常の支払いと同じです。)
ディスカウント機能を使っているお店様は、個別会計の伝票でも値引、割引の対応が可能です。


[4]最初の伝票に未会計のメニューが残っている場合は、画面右下に表示された「会計続き」をタップして、再び[2]の画面に戻ります。


[5]最初の伝票のメニューがすべて支払い終わるとこの画面が表示され、個別会計が終了します。

 

◎個別会計と伝票数
日報に表示される伝票数は、会計が完了した伝票数をカウントして表示させています。(レジマイナスも含む。)
個別会計は、1つの伝票を分割することで対応しております。最初の伝票も1伝票としてカウントし、分割された伝票も1伝票としてカウントします。

◎こんな使い方も
1つの伝票において、現金とカードを併用して支払いたいという場合に、個別会計機能を使うことで一部のメニューを現金で支払い、残りのメニューをカードで支払うというようなことも可能です。

 

翌日に前日の売上データを訂正・修正できますか?

Q.翌日に売上データや入出金などのデータを訂正・修正できますか?こちらで出来ない場合は、でん票くん側で対応できますか?


A.会計データという性質上、レジ締め後、新しい営業日に切り替わった後はお店様側でもでん票くん側でも一切のデータ変更はできません。

特定の伝票のレジマイナス忘れ、支払い方法の間違い(本当はカードでのお支払だったのに現金払いで処理をしてしまった)等につきまして、翌日以降の操作で、過去に遡って対応できないか?というお問い合わせをいただくことがございます。

会計データという性質上、レジ締め後且つ新しい営業日に切り替わった後はデータの変更ができないようになっております。ご了承ください。

レジ締め後でも営業日が切り替わる前ならデータの訂正・修正可能です。

「レジ締め」については、キャンセル(レジ締めのやり直し)ができますので、レジ締め後に売上の間違いなどがありましたら、レジ締めキャンセルを行い、該当する伝票のレジマイナスや再登録を行い、レジ締めを再実行をしてください。ただし、レジ締めが可能なのは、メンテナンス画面で設定している「伝票の日付を変える時間」から1時間後までとなります。

後日になりデータの訂正・修正が必要なことに気がついた場合は、CSVデータまたは会計ソフトにて訂正をお願いします。

売上データにつきましては正確を期す必要がございますので、でん票くんからエクスポートする日報ジャーナルデータのCSVにて訂正・修正を行うか、または会計ソフト側にて対応をお願い致します。

 

Screenshot 2016-06-02 at 17.36.45

「伝票の日付を変える時間」とは
閉店時間+閉店作業などをする時間となります。閉店後、レジ締めをする時間をみて設定してください。
例えば、22時ラストオーダーで23時営業終了で片付けやレジ締めを行う場合は少し余裕をみて「伝票の日付を変える時間」は24時に設定したとします。その場合さらに25時までレジ締めの作業(レジマイナスや追加の注文登録=売上計上等)が可能です。

そして、25時以降については、でん票くんのシステムでは翌営業日と認識し、新規注文などを入力するとすべて翌営業日のデータとして処理致します。

 

大盛りはオプションで指定したほうが良いですか?

Q.大盛りや焼酎の飲み方など、オプションの指定にコツはありますか?


A.高頻度に注文が入るものは、オプション指定ではなく、商品として登録することをお薦めします。

20150613_151140

上の画像を見てください。(クリックすると拡大します)

上も、下も同じ「カレーもつ煮込」の大盛りの注文です。

この注文伝票がプリンターから印刷されると、厨房では、
カレーもつ煮込みの大盛りを一皿、調理しはじめます。

上(以下、A)は、「カレーもつ煮込 大盛り」というメニューで登録したものです。
下(以下、B)は、「カレーもつ煮込み」というメニューに、オプションで「大盛」指定したものです。

厨房での調理と会計での金額に違いがないので、
どちらの方法で大盛りなどの対応をしても問題はありませんが、
3つの点で違いがあります。

1. Aは、印刷に必要な紙の量が少ないです。

2. 注文を受ける時の操作が、Aの場合は+ボタンを押せば注文が入りますが、Bの場合は+ボタンを押し、さらにオプションのプルダウンで指定が必要です。例えば、ラーメン店で想像してみてください。食べ盛りの男性の6人組が来た時などは、「ラーメン」の+ボタンを6回クリックし、さらにそれぞれのオプションをプルダウンから「大盛り」を指定するのは、大変です。

3. Aは、日報において「カレーもつ煮込 大盛り」が何杯売れたかすぐにわかりますが、Bの場合は、「カレーもつ煮込み」が何倍売れたかはわかりますが、「カレーもつ煮込み」の「大盛り」が何倍売れたかわかりません。(※大盛りを他のメニューでもオプション指定している場合。大盛りがいくつ売れたかはわかります。)

なかなか、説明が難しいのですが、ご理解いただけましたでしょうか。

でん票くんといたしましては、高頻度に注文が入る商品の場合は、注文時の使い勝手、紙の消費量の抑制、日報での集計のわかりやすさから、オプション設定で対応するよりもメニューととして登録したほうが良いと考えております。

一方で、焼酎の飲み方の様に、「ロック」「水割り」「お湯割り」「ストレート」など1つの商品に4つの選択肢があるような場合は、すべての焼酎の銘柄ごとに

魔王 ロック
魔王 水割り
魔王 お湯割り
魔王 ストレート

と個別に商品登録するよりも、

魔王に「ロック」「水割り」「お湯割り」「ストレート」を選択必須としてオプションとして設定したほうが良いと思います。

 

プリンターのIPアドレスの確認方法は?

Q.プリンターのIPアドレスをパソコンも接続せずに簡単に確認できるのですか?


A.前面の「FEED」ボタンを押しながら、電源をONすれば、IPアドレスが印刷されます。

p1

プリンターを無線LANルーターと有線LANケーブルで接続した後であれば、上記の操作だけで、プリンターのIPアドレスが確認できます。
上面から2枚程度の長い印刷物が出力されます。印刷がはじまったら、「FEED」ボタンから指を離してください。

印刷物の一番最後の下部にIPアドレスが印字されています。

20150613_135816

このIPアドレスを、でん票くんのメンテナンス画面にて登録してください。
これで、すべての端末から操作しても、レシートや注文伝票が印刷されるようになります。(端末ごとにプリンターの接続設定をする必要はありません。)

具体的には、ご契約者に案内しているマニュアルをご参照ください。

 

ドロワー(釣り銭箱)の「開」操作について

Q.でん票くんでは、ドロワー(釣り銭箱)と接続し、「開」操作できますか?


A.プリンターとドロワーを専用線で接続し、タブレットで操作します。

p2

上の写真は、プリンターの背面です。
中央の接続口に、ドロワーに付属されている専用線の端子を接続すれば、利用可能です。

操作は、タブレットで行います。
(モバイルのトップページに「ドロワー開」ボタンがあります。)

 

オーダー入力が1画面で完了するのは本当ですか?

Q.注文受付画面が1画面で完結すると聞きました。なぜですか?


103-1-20140302174350_b5312ef461f0a6

A.できるだけシンプルな画面構成で世代を問わず誰でもが直感的に操作できるように考えています。

注文を受ける際に、最も早い方法は「紙に手書きする」ことです。残念ながら業務用の端末でも、アプリのオーダーエントリーシステムでも、オーダーの入力において、紙よりも早い方法はありません。(暗記を除く。)

WEBレジのでん票くんは、一般的なユーザーが使い慣れたウエブ画面の見やすさと操作のしやすさを第一に考えて、画面の構成と画面遷移を設計して開発してきました。

例えば、注文受付画面は、トップ画面から「新規注文」を押すと表示され、1ページでテーブルの指定、人数や属性の指定、全カテゴリーの表示、各カテゴリー毎のメニューの表示、メニューの上に表示された+ボタンを押せば、注文が入る操作、そして一番下に「確認」ボタンがあるだけです。(確認ボタンを押すと、入力したオーダーの確認が表示され、さらに「確定」を押すと注文内容がプリンターから出力されます。)

急いてるお客様も多い注文受付時に、異なるカテゴリーのメニューを入力したり、数量を入力するために慣れないスワイプで指を横に振ったりする必要はありませんし、もちろん画面が右や左に切り替わったりすることもありません。

1つの画面だけで、オーダーの入力すべてを完結することができます。
使い慣れたWEBの良さを大切に、できるだけシンプルに。
現場で働くユーザー様の世代を問わずにご支持いただけるよう、迷わずに使いこなせるような操作感を追求しています。

 

HAPPY HOUR設定ありますか?

Q.時間制限でドリンクなどを割り引くハッピーアワー設定できますか?


A.既存機能で対応します。

最近「ありません。」「できません。」という回答が多いので、表現を変えてみました。(汗)
居酒屋さんやカフェバーなどで夕方早い時間にドリンク類を通常よりも安く提供する「HAPPY HOUR」。
例えば通常600円の生ビールが、「HAPPY HOUR」の時間帯は、400円になったりします。
お客さんの立場としては、とても嬉しい提案ですね。

さて、本題に戻ります。
でん票くんは、商品マスターで商品の単価、原価、販売数などを管理、集計、蓄積しております。
同一の商品の価格が一日の中で頻繁に変更するのは、データーベースで管理する上でも、好ましくありません。

よって、例えば、HAPPY HOURというカテゴリーを用意し、その中に、対象となる商品をHAPPY HOUR価格で登録して、運用をしていただければと思います。

そうすることで、日報では、当日通常の生ビールが◎杯売れて、HAPPY HOURの生ビールが□杯売れたということも一見で知ることができます。

 

個別会計に対応していますか?

Q.個別会計に対応していますか?


A.個別会計には対応しておりません。

サービス開始当初より、「個別会計」のご要望は頂戴しておりますが、現在でん票くんは個別会計に対応しておりません。
理由といたしまして、でん票くんは世代を問わない現場のユーザー様を考えまして、シンプルな操作感、画面遷移を志向しております。
「個別会計」を実装するためには、複雑な画面の構成、画面遷移が必要となり、直感的な操作感を犠牲にしてしまうと考えております。

また、でん票くんはWEBレジ(クラウド型POSレジ)のため、都度サーバーとのセッションが必要となり、サーバーの負担が高まる機能については慎重に考えております。

例えば、一度領収済みにして、レシートを印字させ、アナログではありますが、それぞれのお客様毎にお支払いの金額を確認するなどし、未回収がないように対応をお願いしております。

もちろん、機能として付加することは可能なのですが、それにより操作が複雑になったり、サーバーに負担がかかりなどして全体としてサービスの質の低下に繋がる可能性があるため、現時点では「個別会計」には対応しない予定です。

 

紙の注文伝票との併用はできますか?

Q.居酒屋です。追加注文も多いので、紙の伝票は引き続き使用し、会計時のみでん票くんを利用することはできますか?


A.はい。会計時のみでん票くんを利用することも可能です。

客席での注文受付は、今まで通り紙の伝票を利用し、会計時のみ「レジ」としてでん票くんを利用することが可能です。

メリットとしては、使い慣れた紙の伝票をホール、厨房で継続使用できます。
紙の伝票で注文受付をするほうがスピードも早いため、忙しいお店様には向いております。
でん票くんはレジ機能も有しておりますので、レシートや領収書の発行も可能です。

会計時に一度にまとめて注文内容を登録することで、閉店後の紙の伝票の集計は不要となり、日報画面にて売上明細データを確認することが可能です。

また、レジとしてのみでん票くんをお使いの場合は、ホールなどでタブレット端末を利用する必要がありません。
レジカウンターにPCまたは大きめの画面のタブレット、プリンター、ドロワーを設置してお使いいただけます。