消費税改定・軽減税率導入に向けたでん票くんの機能紹介

2019年10月に改定される消費税率と合わせて導入される軽減税率の設定についてご案内いたします。

2019年10月1日より消費税率が10%へ改定されます。この消費税率の変更に合わせ、今回日本国内でははじめてとなる複合税率制度「軽減税率」が導入されることが決まっています。でん票くんの主な利用者様である飲食店様でも、持ち帰り・テイクアウト・出前・仕出し・食品の販売を日常的に行っている店舗様はこの「軽減税率」への対応が必要なります。でん票くんはPOSレジ・オーダーエントリーシステムとして消費税改定、軽減税率導入に向けて用意を進めてまいりました。

軽減税率ってなに?

消費税 10% / 8% の判断基準とは?

財務省は軽減税率制度の概要として「 税制抜本改革法第7条に基づく消費税率引上げに伴う低所得者対策として、平成31年(2019年)10月から、軽減税率制度を実施する。 」と定義しています。

また軽減税率の対象となる品目については、

  • 酒類及び外食を除く飲食料品
  • 定期購読契約が締結された週2回以上発行される新聞

とされており、飲食店の持ち帰り、テイクアウト、出前などのメニューも軽減税率の対象となっております。

詳細については、政府広報オンラインの「消費税の軽減税率制度」等の情報をご覧いただくか、最寄りの税務署にお問い合わせください。

外食大手の対応は?

店内飲食 / 持ち帰りでの価格設定傾向

10月以降、店内飲食とテイクアウトで消費税率が異なる複合税率への対応が必要となります。メニューを税抜き価格で表示し、店内飲食(10%)とテイクアウト(8%)で消費税率が異なるとおり、税込み販売価格を別とするお店様もあれば、店内飲食とテイクアウトどちらでも最終的は販売価格を同じ(税額が異なる)とするお店様もあるようです。

店内飲食とテイクアウトで販売価格を同じとする企業の考えとしては、販売価格を統一することで消費者に分かりやすくするということと、テイクアウトメニューにかかる包材コストを吸収するためという理由が多いようです。

このように外食大手様でも各社各様の設定となる予定で、店舗の現場も消費者側も混乱せずにスムーズな対応ができるように準備が必要となっております。

外食大手の軽減税率導入後の販売価格について(予定)
ケンタッキーフライドチキン(KFC) 店内飲食とテイクアウトの販売価格(税込)を統一する予定。
サイゼリア 店内飲食とテイクアウトの販売価格(税込)を統一する予定。
吉野家 税抜き本体価格として、店内(10%)とテイクアウト(8%)で販売価格が異なる予定。
スターバックスジャパン 税抜き本体価格として、店内(10%)とテイクアウト(8%)で販売価格が異なる予定。
ドトール 税抜き本体価格として、店内(10%)とテイクアウト(8%)で販売価格が異なる予定。
モスバーガー 税抜き本体価格として、店内(10%)とテイクアウト(8%)で販売価格が異なる予定。

※各社の方針については、いずれも新聞各紙による情報をリソースとしております。実際の対応には異なる場合もございます。ご了承ください。

でん票くん

新機能で消費税改定・軽減税率の準備が簡単に。

#ALL や #10% #8% がカテゴリーのタブ。タブの名前は自由に設定可能です。カテゴリー表示の縦スクロールを少なくすることに貢献します。

消費税改定・軽減税率導入に対応した新バージョンに含まれる機能

でん票くんver3.3は少ない手間で消費税改定・軽減税率導入の準備ができ、煩雑になる運用も考慮して新機能を用意しました。

カテゴリー複製機能 でん票くんはカテゴリー単位で消費税率、税込・税抜を指定しています。今春のバージョンアップにてリリース済みのカテゴリー複製機能を更にパワーアップしました。既存のカテゴリー(とカテゴリーに属するメニュー)をもとに、新たに適用したい消費税率、税込・税抜方式を選択してカテゴリーとメニューを複製できます。また複製されたメニューは、販売価格の変更も可能です。
軽減税率対応レシートの発行 10月1日以降は8%の消費税が適用されるメニューには、自動的に軽減税率対象商品である目印(*)が追記され、1枚のレシートに消費税率10%の対象となる金額と軽減税率8%の対象となる金額を表示します。
カテゴリーのタブ付け機能 店内飲食とテイクアウトの両方のメニューを扱う店舗様はカテゴリーが倍近くとなる可能性があります。カテゴリー数の増加に対応するため、カテゴリーのタブ付け機能を用意しました。(上の画像)カテゴリーの階層化(大・中・小カテゴリー)ではなく、「タブ付け型」としたのは、一つのカテゴリーを複数のタブと関連付けれるためです。例えば、「店内 お料理」というカテゴリーは、#ALL #10% #FOOD など複数のタブと紐づけできます。タブの数はALL以外に5つまで自由に設定が可能です。
日報等の複合税率対応 単日、複数日ともに10%と8%の複合税率に対応した集計に対応しております。CSVデータも同様に複合税率に対応したデータをダウンロード可能です。ジャーナルにつきましても同様に複合税率に対応しております。

キャッシュレス対応など ver3.3に含まれる その他の新機能一覧

消費税改定や軽減税率対応以外にもお客様からのご要望にお応えした新機能を多数リリースいたします。

支払い画面でキャッシュレスを選ぶとお店のQRコードを支払い画面に表示。

各種伝票の印刷の改善、仕様変更 ・テーブル伝票に印刷させるテーブル番号の拡大化
・テーブル伝票へのメモ欄印刷の対応
・0円メニューをレシートに印刷させない機能(レシート紙使用量の抑制)
ダッシュボード機能の強化 ・注文確定時にダッシュボード画面を即時自動更新の対応
・ダッシュボード画面でヘッダーを自動スクロールで表示させない対応
・モバイル側で配膳消し込みをした場合もダッシュボード画面の自動更新対応。
印刷エラー時の対応の強化 何等かの理由により印刷に失敗した場合は、モバイルトップとダッシュボードにアラートを表示。再印刷を促し、確認漏れを防ぐ機能。
キャッシュレス(QRコード)決済対応の強化 普及するキャッシュレス決済により積極的に対応するため決済画面に各決済ブランドごとのお店のQRコードを表示させる機能を用意。お客様の金額入力のミスを防ぎ、より短時間でのオペレーションに貢献します。レジ付近に増え続けるQRコードスタンドですが、でん票くんの会計画面自体にお店様の各QR決済のQRコード画像を表示させる機能を用意しました。QRコードスタンドの省スペース化、QRコード画像のすり替え不正抑止、またレジカウンター以外で、例えば客席でもQRコード決済が可能となります。

その他、細かなUIや機能の改善、機能追加、英語版のアップデート、軽微なバグに対応しております。ご契約のお客様にはメールにて詳細のご案内を近日中に配信予定です。

ページトップ



スタッフに安心して任せられる!と家族経営や複数店舗を運営される飲食店に選ばれてます!
業界初の完全クラウド型タブレットPOSレジでん票くんは、市販のタブレット(iPad、iPad mini、iPod touchはもちろん各種Android端末)のブラウザを使用し操作します。
アプリじゃないから面倒なインストールや更新も不要!
今なら、初期費用も運用費用も安価で使えるでん票くんが30日間無料でお試しいただけます。